So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

1980年8月14~16日 坪尻・大歩危・箸蔵 [1980年8月]

 亀山のDF50亡き後、はじめて本格的に四国撮影へ。といっても当時撮影地といえば、坪尻・大歩危ぐらいしか知らなかった。

■8月14日
23:21発新大阪 宇野行急行鷲羽へ乗り込む。湘南色と新快速色のなんともしまらない混色12両編成だった。
当時はまだまだ寝台特急が健在で、東海道線沿線に住んでいたので時折EF58 を撮影していた。ただ非電化区間を走るDF50の印象が強く、紀勢亡き後は、次第に四国のDF50を追いかけるようになる。
12-.jpg


07-.jpg


601M 鷲羽
←宇野 クハ153506 モハ152111 モハ153111 クハ153554 サロ16567 モハ152147 モハ153147 クハ153557 クハ15314 モハ15269 モハ15369 クハ15343 


■8月15日
02:28着
     宇野
02:45発    宇高連絡船
03:45着 高松 121レ(04:07発)DF5033バルブ
05:04発    DF5056牽引221レで南下
01-.jpg
     讃岐財田の大カーブをいく221

06:50  坪尻下車。国道までの山道は今ほど荒れておらず、すんなり登ることができた。ただ駅前の廃屋は当時からあり不気味だった。その頃はオフロードのバイクも置いてあったように思う。
 ドライブイン阿讃の端に三脚をたて陣取る。
キハ20普通、キハ181南風、キハ58・65あしずり・土佐、そしてハイライトのDF50 223レと12D南風交換と多彩な顔ぶれが撮影できた。 
16-.jpg


31-.jpg


 坪尻撮影後、 小歩危へ移動。第二吉野川橋梁は残念ながら夕立による雨でにごっていた。
その後228レに乗車し池田でバルブしているが、翌朝4時までの足取りが思い出せない。

121レ:DF5033 221レ:DF5056 222レ:DF5029 223-228レ:DF50571 281レ:DF5022 280レ:DF5026 273レ:DF5065 

221レ DF5056[知]
   スユニ60 40  四カマ
   マニ36 102  四コチ 
   オハフ33 594 四コチ
   オハ47 113  四コチ
   オハフ33 580 四コチ
   オハフ33 540 四コチ

■8月16日
高 松 121レDF5012 
多度津 多度津でじっくり撮影。DF50の貨物、客レがひっきりなしに往来する朝のラッシュは大忙し。キニ15、キユ25など他では見ることのできない車両もあり、全く飽きない。

35-.jpg

本日の221レは高知区のDF5017が牽引。
1エンド前面補強なし長手摺、2エンド補強あり短手摺と、
両エンドの顔が違うことでちょっとしたネタになっていたが、実際は事故によるものであった。
17号機はこれが最後の顔合わせとなってしまった。
32-.jpg


33-.jpg

多度津を出発するDF5033+DF5052のプッシュプル。このころは貨物・客レともにプッシュプルが健在であった。
プッシュプルといっても後補機ではなく、運用上の後付回送、略して「後回」である。。
1983年DF50終焉当時は日中3本しかない貨物を必死で追いかけていた頃から考えると、なんとも贅沢な頃であった。

06-.jpg

 223レはDF5063が牽いてやってきた。紀勢全廃後転属してきた亀山ガマが紀勢当時のフィルターのままで動いている。そういえば転属回送の大阪以西の写真をみたことがないがどんな感じだったのだろうか。
今まで亀山ガマしか撮影していなかっただけに、紀勢の黒色フィルターの印象が非常に強く、四国の銀色鎧戸にまだなじめていなかった。
この鎧戸は光線によっては色飛びして写しにくかった。
すすけた老いた機関車には最終的には黒で締まる鎧戸なしフィルターがやはりよかった、と思っている。
 その後223レDF5063で箸蔵へ行き、273レ、226レを撮影して終了。なんと帰りも急行鷲羽に乗っている。お盆期間の深夜発の鷲羽、はたして混んでいたのか、すいていたのか。
かすかに残る記憶では、乗り継ぎの連絡船が到着すると、しーんとしていた宇野駅ホームがざわついてきた、ような気がする。
 その後の撮影行で往復急行に乗ることなどなかった。いや片道さえも乗った記憶がない。
山陽線をちんたら113系で行くか、格安なジャンボフェリーの利用が専らになっていた。
私にとっては、DF50撮影行の中では、貴重なカットとなっている。
03-.jpg
    宇野で発車を待つ鷲羽。宇野01:35発新大阪05:26着

222レ:DF5060 273レ:DF5038 226レ:DF5065

121レ DF50 12[高]        223レ DF50 63[高]
    マニ50 2019 南トメ        マニ36 98   大キト    オハフ33 541 四コチ        オハフ61 686 四コチ
    オハ47 2282 四コチ       オハ47 2315  四コチ
    オハフ33 458 四コチ        オハ35 1074  四コチ
    オハ61 1584 四コマ       オハフ33 473  四コチ
    オハ47 2281 四コマ
    オハ41 357  四コマ
    オハフ61 20  四コマ
  

続き


タグ:198008
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DF50文字ナンバー [鉄道部品]

 四国ではDF50、DE10のナンバーは基本的には別板張替の形で販売されていた。
(一部剥ぎ取り販売もあった。)
表は傷の有無、位置、塗装付着ぐらいしか差はないが、裏側をみてみるといろいろバージョンがあり、おもしろい。

 DF50において最も注視すべきことは、D文字のネジ位置である。
スルザー車:基本的には横位置
マン車:縦位置
DE10は基本縦位置と思われるが検証しきれていない。
また、縦ネジでも裏側がくぼみのあるタイプとないタイプがある。
製造会社・年代によりどう違うのかが、はっきりしない。
IMG_2884.jpg
横ねじのD文字は表面の傷からDF5061と断定できている。

IMG_2883.jpg
溝あり、溝なし


IMG_2882.jpg
ネジ山取り付け部がえぐられているタイプ

IMG_2887.jpg
亀山流れの車両は文字裏にLRの刻印があるものも
IMG_2892.jpg
L刻印

 四国では刻印して管理する様子は目に入る限りではあまりなかったように思う。
 気動車の一部のハンドルに車番が刻印されているのを見たことがあるぐらいだった。刻印済のDF50逆転ハンドルは数回の確認ではあるが当該車番とは別の車番を使用していた記憶がある。


IMG_2894.jpg
こちらは元お召機、アイランド機のDE101036のDE文字裏側。
昭和45年日本車両製造。実車両から取り外したものを譲り受けたもの。
 
 DF50 DE10ともに晩年の廃車留置はナンバー、銘板ともに取り外されていた。
1983年に銘板が盗難にあった1号機(新三菱重工製番第877号)は有名な話であるが、他にも阿波池田留置で盗難にあった62号機(新三菱重工製番第1073号)の銘板やナンバー文字もこの頃多数盗難されており、それがきっかけではないかと思われる。
こちらのホームページで詳細に書かれている。
【記憶のDF50】
 

これらの銘板が世にでまわることはないと思うが、剥がされた銘板跡は無残な姿であった。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

国鉄末期の四国の区名札 [鉄道部品]

 80年代後半の四国の区名札は高 知 松 徳 の4種類でDF50にささっていたものはもちろん高松、高知のみであった。宇和島の宇、小松島の小はDF50終焉時には廃止されていた。(小松島客貨車区は存在)デザイン、材質は気動車と共通で基本は鉄塗りで一部焼き付け塗装しているものもあった。また気動車用に青プラバンも存在した。    
 他の一部の地域の機関区のように裏に使用機関車番号が記入されているものは皆無であり、どの車両に使用されたのかは全く判別できない。
 高松運転所はノーマル、ハネ字と字体が2種類あり、また鉄板の分厚いタイプもあった。
高知に関しては、スプレー文字タイプも存在した。(機関車では確認していない)

 SL時代のホーロー製が使用されていたかどうかは、当時は全く興味がなく、よく観察しておらず、謎である。

IMG_2895.jpg


IMG_2896.jpg


IMG_2897.jpg


IMG_2898.jpg

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

繁藤のカッパえびせん

 撮影旅行では食事の楽しみは全くなかった。思い出せるたべものといえば、高松駅と連絡船の少し黄色がかったプラ容器にはいったうどん、あとはキオスクでパンでも買っていたのだろうか。

 土讃線撮影後は228レで高松まで北上し、0時過ぎた731Dで南下していくか、須崎折り返しで736Dで北上して121レ多度津のどちらかの車中泊パターンであった。その228レで繁藤停車に乗り合わせているときは必ず、駅前の商店へ走った。商店といっても民家の軒先で営業しているような店でスナック類しかなかったのだが、そこでカッパエビセンの袋を買うのが通例となっていた。時刻は17時49分着18時04分発。次の長時間停車は阿波池田19時30分着までない。つまりこれが夕食だった。水分と一緒に食べると中でふくれて結構な満腹感が味わえたものだ。リーダー格が好んで食べていたので真似していたような気もする。ポテチではなくカッパえびせんだった。今でも普通に売っていて、懐かしみながらときどきかじっている。

 駅前に食料が売っている駅はほとんどなく、高松のうどんが頼りだった。現在のようにコンビニが点在していれば、お金が持たなかったのではないかと思う。

  喫茶店で食するのはまれでこれが食の唯一の楽しみだったかもしれない。当時は20世紀であったが、阿波池田駅前商店街に21世紀という喫茶店ができ、当時はやりのチンチラ張りの赤ソファーがあるきらびやかな店でここで食べたピラフセットは贅沢だった。

  喫茶店では数えるほどしか食べた記憶がないので、やはり相当贅沢だったのだろう。お金があればフィルム購入が最優先の頃である。今の世代は機材さえあればいくらでも記録できうらやましい限りである。フィルムが惜しいため、DC普通列車などはキニ25など珍車両がついていなければ見向きもしなかった。マーク付急行も1枚も撮らずに見送ることもあった。行先サボや駅の風景なんかも最低限しか撮影しておらず、残念な限りである。その分、1枚の価値が大きく、また思い出深いのだろう。

  いつだったか撮影最終日手前でお金がつきはて、飲まず食わずで昼下がりの宇高連絡船まで何とか堪え忍んだことがあった。何日間耐えたのかは定かではないが、最終日だけではなかったはずである。100円玉数枚を残したその時に、連絡船で食べたきつねうどんは全くうまくなかったのを覚えている。あまりに空腹で食べた途端に胃が痛くなったのである。

高松:茶豆館 駅前ビルの2階か3階だかにあって731D 0時47分発までの時間つぶし 

 多度津駅前:ウクライナ 今はホテルになっている

海岸寺詫間:海岸通り 現存

坪尻:ドライブイン阿讃 取り壊し済

阿波池田:21世紀 現存

  四国での撮影行で最も贅沢な宴は、当時唯一の社会人だったリーダーがおごってくれた、高松駅前居酒屋での宴会だった。それはDF50さよなら列車撮影後で、居酒屋での飲食は最初で最後であった。 

 

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホットオレンジ

 現代に豊富に流通し、80年代になかったもののひとつにペットボトル飲料がある。当時は水分にたいしては現代と違いあまり寛容的ではなかった。中学高校の運動部などは水を補給しないのが美学でさえあった。それでも夏の灼熱の中で現代の若者よりは皆ぶったおれにくかったように思う。ただ当時の暑さの違うところは蒸発しそうな暑さであっても今のような差すような暑さではなかった。撮影地では水分なしで終了してから補給、のスタイルだった。撮影地で水筒をもっていた記憶がないので、そうだったと思う。
そう ペットボトルなんて持ち運びや飲み直しができる気のきいたものもなかったのだ。
 四国の夏の暑さは半端なく、撮影後の自販機の冷えたファンタや三ツ矢サイダーが何より楽しみだった。
いつだったか撮影後、山間部でオレンジジュースを自販機で買うと、出てきたのはアッツあつのホットオレンジ、しかも炭酸。ふざけるなという思いとともにありえないほどスチール缶が熱かったことははっきり覚えている。
 その後どのような行動をとったかは思い出せないがのめる状態ではなかったはず。当時のマットな塗装の自販機で現在のように個別温度管理はまあなかったと思うので、その自販機でさらに冷たいのを期待して別の一本を買うという無謀なことはしていないとは思う。真夏だったので「温かい」という表示もなかったはず。はっきりと覚えているのはそのあたりにはこの自販機しかないという山間部だったということだ。(多分、新改駅左前にあった販売機だったように思う。)

 100円入れて10円玉のおつりが出てきた時代の話である。お釣が出てこずに、自販機をどついた経験は何度もあるが、後にも先にも、真夏に「冷たい」オレンジジュースを選んで「温かい」ホットオレンジがでてきたことは、ない。

続き


nice!(0)  トラックバック(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。